しげです。

YouTubeは非常に人気のある動画媒体で
更に言えば僕らのような
稼ぐ側にとっても非常にアクセスを集めやすい市場です。

 

年々利用者は増えていき
もはやYouTubeを見るというのは生活の一部ではないでしょうか?

 

YouTubeを見るという使い方の中にも
『何かを調べるという情報を得る目的』
『面白いものを探したり興味のあるジャンルの動画を見る』

中にはただ単に暇つぶしに見るという場合もありますが
それぐらい今の僕らの生活の中にはYouTubeが浸透しているわけですね。

 

興味のあるジャンルの動画を見ていると
ついつい関連動画まで見てしまったりするものですが
YouTubeの最大の特徴として、

『検索経由以外で入ってくるアクセスが異常に多い』ということ。

YouTubeが検索経由以外から再生されやすい理由と利点

ついつい表示されている関連動画って見てしまいますよね^^

これが検索以外からのアクセスがYouTubeでは異常に多い理由です。

 

これは僕のあるチャンネルのものですが。

青い表示の部分が関連動画からの再生で茶色っぽいものが
YouTubeからの検索からの再生という感じになっています。

 

 

見ての通り関連動画からの再生時間も視聴回数も70%を超えています。

検索経由ではわずか14~17%なんですね。

 

これがYouTubeの最大の魅力で自分が作った動画が
たとえ検索経由から入ってこなかったとしても
キーワード選定が多少苦手だったとしても
他人の動画の横に関連表示され再生回数も稼げるわけです。

 

これって非常に魅力的ですよね。

 

ブログ記事では、SNS等を使っていないと仮定すると
通常はこのような形で記事に対して検索エンジンから単体でのアクセスです。

記事から記事へのリンクを張ることにより
複数のページを読んでもらえますが何もしなければ上記の形になります。

関連動画からのアクセスが馬鹿にならない

YouTubeはというと、

まずは自分の動画からの関連動画、
他人の関連動画、

そして純粋にGoogle検索など検索エンジン経由、
YouTube内検索によるアクセス流入、

これがYouTubeで再生回数が稼ぎやすい理由です。

 

上図では他人や自分の動画からの流入が
ひとつずつだけ表示させていますが普通にこのような状況にもなります。

当たり前ですが他人の関連も自分の既存動画からの関連表示も
やればやるほどに増殖されていくというイメージですね。

 

図では一方的にアクセスを集めていますが
逆も然りで左下の動画から右の自分の既存動画にアクセスが流れたりもしまし
他人の動画へのアクセス貢献をすることもあるということです。

 

ただ、図を見てもらえばわかるように
YouTubeはアクセスが流れやすい特徴があるということがわかるはずです。

 

また、

トレンドネタ意外であれば
一度稼ぎ出せばほぼ収益が下がることはなく
毎月同じような収入を何もせずに見込めるのも特徴です。

 

1動画1動画では当たり外れもありますが
コツコツと動画を作っていけば
いつの間にか再生回数も増え資産となるはずです。

 

今はアカウント削除が非常に多くなっているとは言いますが
僕は今のところ全くの無傷ですし、YouTubeの可能性というのは
ここに書いたとおりなのでやってみる価値はあるかと思います。

 

なるべく安全な動画を作るということなら

YouTube特化型権利収入構築プログラム

 

全世界にアプローチして可能性を広げるという場合には

Gyaku Tube(逆チューブ)

普通に全部手に取っても損はないぐらいです。

 

というのも
数十万円も出して
このような事しか学べないものが多い
からです。

youtubeで稼げない思考を作る高額塾のツールがヤバイ件
上記の教材は全て自分のスキルを高めれるようなものです。

 

YouTubeやるぞという場合には参考にされてみてください。

 

ということで今回は
YouTubeが初心者でも再生回数が稼ぎやすいと言える理由について

という話でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
読んで得する無料メールマガジン

問い合わせや質問、相談について

・今何をやればいいのか?
・方向性がわからない
・情報商材タレこみ
・この商材ってどう?

などなど
何でもお気軽にご連絡ください。

川上への連絡、相談窓口はこちら

またはsigekawakami✩gmail.com ✩を@に変えてご連絡ください

どんな事でもまずはお気軽にご連絡ください

Pocket

No tags for this post.