しげです。

 

今回はアフィリエイトの落とし穴ということで書いてみましたが
よくメールもらう中で
『このような感覚ではアフィリエイトでは稼ぎにくいだろう』と感じることがよくあります。

 

アフィリエイトの落とし穴っていう事だけに関わらず
インターネットビジネスの落とし穴っていう感じなんですけど
たった1つのブログやサイトで結果を判断している人がものすごく多いです。

 

YouTube動画とかでも同じことが言えますが
たった1つのサイトやブログ、チャンネルをちょっとやってみて
稼げたとか稼げなかったとかそういった判断をしているわけです。

 

でも僕からするとこれは本当にもったいなくて
どうして次を作らないのだろうか?といつも思ってしまうんですね。

 

当たり前の話ですが、

最初に作ったものなんて誰しもクオリティーの高いものなんてそれほど作れません。

 

そのクオリティーの低いものだけで
稼げたとか稼げなかったとか判断すること自体が

僕からするとアフィリエイトの落とし穴だと言わざるを得ないということです。

 

何度か取り組んでみてやっと理解できてくることも
多々あるので凡人が成功するのなら絶対に一度や二度の失敗で
判断とかしてはいけないというのは僕が身をもって経験しています。

ネットビジネスで稼げる方法に失敗した経験も活かすことが出来る

 

とか、コチラも読んでみてください。

ノウハウコレクターの方が有利に稼げるネットビジネスの話

 

例えば僕はフローというのを意識するんですが
最初に書いた10記事20記事なんて普通はショボイのは当たり前なんです。

 

でも10記事でも20記事でも実際に書けば
1記事も書いていない時よりはかなり成長しているのです。

記事の書き方もなんとなく理解できて、こうやって書くんだな~

ぐらいは成長していませんか?

 

つまり、この状態でも最初の
『ブログってどうやって運営するんですか~』の状態より

『こうやって書くんだな~』の状態に引き上がっているわけですね。

 

じゃあ、2つめのブログは最初から1記事目から
『こうやって書くんだな~』の状態から始めることができるわけですね。

 

つまり、同じように『ブログやサイトを作るにしても』
スタート地点から最初の段階よりは良いものが作れるということです。

 

にも関わらず、たって1つ何かをやってみてダメだったとか
そういった判断にいたるのは本当に早すぎるわけですね。

じゃなくて、1つめよりも、もっと良いものが今ならできるという視点を持つ。

 

これがアフィリエイトの落とし穴にはまらない方法というか視点です。

 

正直言って最初から何もかもうまくいく人なんてそうそういませんから
いかに自分がやっていることに対して継続して成長していけるのか?

を追求すると自然と稼げるようになっていくというのが本当のところですね。

 

ものすごく恥ずかしいものを見せましょうか?

アフィリエイトの落とし穴は進化をやめること

これは僕が一番最初に情報発信やろうと思って作ったアバター画像ですが
今見ればホント最悪なわけですよ。(笑)

 

でもですね、当時はこれが最高だと、一番良いものだと思ったからこそ作ったわけです。

でもやっぱり1個目なんてこんなもの。

 

そしてやっぱり稼げませんでした。

情報商材アフィリエイトは実績があっても稼げない事もある

 

でもそれでいいんです。

その時その時に自分が持っている最高のものを出していくこと。

 

これなんですね。

 

そして、

 

そこでダメだといって封じ込む(諦める)のか?

そこから進化を求めて行動しまくるのか?

 

ネットビジネスは自分が進化すれば稼ぐことも有利になる

この2者択一ですからね。稼げる稼げないっていうのは。

 

本当に考え方次第では紙一重だと言えるかと思います。

 

そして、多くの人を見てきて思うのは
圧倒的にたった1個でどうのこうの言っている人が多いってことです。

 

『20記事も書いたのですがアクセスが集まりません』とか

『20記事書いたけど全く稼げませんでした』など

 

いやいや、2年3年アフィリエイトやってきた人と
昨日今日やりだした人が同じなわけがないでしょって。

 

だからこそ腕を磨いていくことに注力すべきなんです。
稼ぎやすい方法で実践するのは言うまでもありませんが
アフィリエイトであまり成果が出ていないという場合には
こちらも一度確認してみると良いかと思います。

最も簡単なアフィリエイトの稼ぎ方

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
読んで得する無料メールマガジン

問い合わせや質問、相談について

・今何をやればいいのか?
・方向性がわからない
・情報商材タレこみ
・この商材ってどう?

などなど
何でもお気軽にご連絡ください。

川上への連絡、相談窓口はこちら

またはsigekawakami✩gmail.com ✩を@に変えてご連絡ください

どんな事でもまずはお気軽にご連絡ください

Pocket