しげです。

 

今回はちょっと変わったジャンル、
WIKIのサイトを構築させて稼ぐという
大橋慎也さんの
【CWS】WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレートのレビューです。

 

WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレートの話の前に

wiki%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%90%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88

販売者名 野口企画
所在地 和歌山県新宮市野田8番34号2番
電話番号 05035981430 (電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
メールアドレス support@wwwwwwww.link

 

CWSのレター詳細

 

レビューの前に:

WIKIというのはご存知かと思いますが、
こういった情報がまとめられた百科事典的なものですね。

 

wiki

 

何か調べたいものを検索して一度は見たことがあると思いますが
WIKIサイトの特徴として表面的な事だけを言えば
『面白い文章や突出した個性などを追求する必要は無い』

『ただそこにある事実に基づいた事を淡々と書いているのみ』

ものすごく簡単に説明するとこのような特徴ですね。

 

例えば『姫路城』

上記は概要部分ですが、何か個性や面白さがあるのかっていうと
ただ淡々と調べたら出てくるような事実のみを書いているわけです。

wiki%e3%80%80%e5%a7%ab%e8%b7%af%e5%9f%8e

で、これだけじゃなくて
もっと姫路城に関してもっと掘り下げた情報があるんですよね。

 

安土桃山時代はどうたったとか江戸時代はどうだったとか。

wiki%e3%80%80%e5%a7%ab%e8%b7%af%e5%9f%8e%e3%80%80%e6%8e%98%e3%82%8a%e4%b8%8b%e3%81%92

 

記事部分を読み進めると青いリンク文字が並び、
クリックすると更にそれについて記述されたページに飛ぶ。

wiki%e3%80%80%e5%a7%ab%e8%b7%af%e5%9f%8e%e3%80%80%e5%ae%89%e5%9c%9f%e6%99%82%e4%bb%a3

 

要するに内部循環しやすい環境が整っているWeb上の百科事典で
内部循環=ページビューの増加=評価されるサイトになるわけですね。

 

関連記事も読んでもらえる可能性が非常に高く
読まれれば読まれるほどにSEOにも強くなり露出も高まる形です。

 

もちろん全く関連性の無いキーワードを記述して
飛び先に指定しても無意味ですが関連の飛び先があれば
サイトから離れることができなくなるわけです^^

 

まあ、上記のようなWIKIペディアを見せられたら
なんか複雑そうで無理なんじゃね?みたいに思うかもしれませんが
今やWIKIといっても実に色んなものがあったりします。

%e3%83%9d%e3%82%b1%e3%83%a2%e3%83%b3wiki

 

%e5%b3%af%e5%b2%b8wiki

 

こういったものでさえも今やれっきとしたwikiサイト。

 

WIKIサイトは読み手側であっても
編集したりなんかできるわけですが
人のサイトに書き込んでも自分の収入にはつながりません。

 

自分のサイトではないのですから言い方を変えれば
書き込みをするということは人のサイトを強化の手伝いをしているだけ
になってしまうってことです(笑)

 

僕らはネット上で利益を積み上げていくのが目的ですから
その仕組みとなるメリットをや利点を最大限に活かして稼いでみませんか?

というのが本ノウハウなんですね。

 

SEOにも強く操作性も簡単で
更に自分のWIKIサイトに広告も貼ることができて、
最終的には第三者に書き込みまでさせてしまうサイトを
WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレートとノウハウで構築する

というのが今回の大橋慎也さんの教材になります。

 

それがレターに書いてある、
自動の仕組みを利用して構築する成長型半自動更新型サイト

という表現の部分ですね。

wiki%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%90%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e6%80%aa%e3%81%97%e3%81%84

まさにここだけを読むと怪しさ満載ですが(笑)

ですのでレターにも書いていますが
幾ら自動や半自動とは言ってもこのようなものでは無いってことです。

尚、これだけは、釘をさしておきますが、Clock Work Systemは、他の「自動化を謳う怪しい商品」のように 最初から自動化のシステムを設置すれば、報酬になるというものでは、ありません。

当然ですが、このCWSを「成長させるのは、あなた自身」です。

 

設置だけで全自動になるようなものじゃない、ここだけは勘違いしないようにですね。

 

ただ、今までに面白い文章を一から考えたり
個性的なものを作ろうと思って上手くいかなかったりする場合には
事実のみを淡々とコツコツ上げていくわけですから
サイト作成のハードルはぐっと下がった、と言えますよね。

 

僕のようなブログで事実のみを淡々と書いても
『全く面白みのないサイト』になってしまいますが
その読み手の属性が変われば価値提供する形も変わるってことです。

 

つまり、

WIKI風のサイトで淡々とコツコツ作業をすることで
コピペや引用程度でも価値を提供できるサイトを構築できるわけですね。

 

WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート購入してみた

wiki%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%90%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e8%b3%bc%e5%85%a5

 

僕も実際に購入してみたんですが
野口企画さんが監修しているということもあり
マニュアルの内容的にはかなり濃いですね。

あとテンプレート、設置マニュアルも付属しています。

wiki%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%90%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%9e

wiki%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%90%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e8%a8%ad%e5%ae%9a

 

マニュアルより抜粋

wiki%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%90%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e5%a0%b1%e9%85%ac

本筋としてはWIKIサイトへアクセスを検索エンジンや外部から流入させて
そこに広告があれば収益が発生するというのが完成形ですが、
実はこの外部サイトの方が先に収益が上がりやすい物であるというものです。

 

 ・CWS Power Source 

この外部サイトもそれこそ半自動みたいなもので
難しくて出来ないとかそういった類のものではありません。

 

ここで作成したサイトで1円も報酬が発生しないなんてことは
普通ではまず考えることができませんし報酬が発生しないというなら
『やってないでしょ?』みたいな感覚です(笑)

このパートだけで飯食ってる人もいますからね^^

 

基本的にwikiがメインですが
サブの外部サイトでも収益が見込めるようになっています。

 

ここまででこのぐらい濃いノウハウが出てくるのですが
作成された外部サイトはちゃんとやればほぼメンテ程度で
手放しでアクセスを維持することができるようになります。

 

そして、

ここからがメインなんですね。

 

・wikiサイトの作成

既にアクセスが入って収入が上がる外部サイトができたわけですが
その外部サイトのアクセスを使ってwikiへアクセスを送る。

 

更にwikiはコツコツとコンテンツを上げていくことで
検索エンジンにも強い媒体になっていく。

外部サイト(キャッシュポイント)⇒アクセス流入源は多数
↓↑
wikiサイト(キャッシュポイント)⇒検索エンジン

つまり、この段階で
・収益の既に上がっているサイトからのアクセス流入(ほぼ自動)
・検索エンジン経由でのアクセス流入(コンテンツを蓄積)

この仕組みが完成するわけです。

 

それが要するに大橋慎也さんの言う
自動の仕組みを利用して構築する成長型半自動更新型サイト

ということになります。

 

まあ、当たり前ですが幾ら自動や半自動といったところで
最初にやることやらなければ仕組みすら構築することはできないってことですね。

 

なので
『何もせずに全自動で稼ぎたい』みたいな怪しいものではなく
楽してワンクリックで何か作動するようなものではありません。

 

ただ、何度か言いましたがサイト構築のハードルも低く
wikiを作るにしても面白い文章を一から考えて書く必要なんてなくて
外部サイトにしても最初にやることさえやれば確実に構築可能なんですね。

 

で、そこにクリック課金等の広告があれば
必然的に報酬は積み上がっていくという事です。

 

マニュアルでは先に外部サイト構築になっていますが
これは、卵が先か鶏が先かみたいな話でやれるなら
どちらも並行作業でもいいし、どちらでも良いわけですよ。

 

ただ、外部サイトの方が構築は簡単で
確実に報酬までの距離は近いのと
そこでアクセスを取れるようになればwiki作るにしても
最初からアクセスを集めやすいというメリットにもなるという感じですね。

 

それに加えて
早く報酬を上げたいという思惑を考慮しての進め方になっています。

 

ノウハウに関しての大まかな概略はこんな感じの内容です。

 

 

ここでレビュー前に読者さんから頂いた質問にお答えしておきます。

作業をするにあたり、
利用料は無料とかサーバー契約とか記述されていて
一部、どっちなの?みたいに混乱されているようですが
この部分を説明しておきますね。

 

利用料は全て無料という記述です。

wiki%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%90%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e8%b3%aa%e5%95%8f

 

こちらはサーバーに設置設定するという記述になります。

wiki%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%90%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e8%b3%aa%e5%95%8f2

 

レターでも書かれていますしさきほど説明したとおりがこのノウハウは
第一段階である外部サイトの構築とwikiサイト構築の第二段階があります。

第一段階では完全に無料サービスを使用して進めていきます。

そして第二段階では無料で使えるサービスを説明はしているものの
wiki文法が小難しいという点、尚、自由度た低い(カスタマイズ、広告挿入)など、
そういった事を踏まえてなら無料で第二段階も進めていくことは実質可能です。

 

ただ、大橋さんが提供するCWSに関しては
ワードプレスでサクサクwiki文法など関係なしに構築できるので
第二段階のwikiサイト構築は無料よりもワードプレスでやるほうが良いということです。

 

第一段階⇒完全に無料サービス

第二段階⇒無料サービス<ワードプレス

 

とりあえず同じ質問を複数もらったので参考にしてください。

 

じっくりやっていくことは必須ですが
高度な文章力もなく人を魅了するライティングも不要なため
サイト構築が苦手という場合のとっかかり教材としては価値アリです。

 

それでは当サイト経由でご購入された方への特典です。

 

【CWS】WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート特典

wiki%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%90%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e7%89%b9%e5%85%b8%e3%80%801

PDF85ページの大ボリュームコンテンツ

【CWS】スタートダッシュフォーミュラ

9/15ぐらいから配布随時配布予定です

随時配布しています。

 

CWSマニュアルを読みすすめてみたのですが
本当に内容的には素晴らしく濃いです。

ただ、色々と幅の広く情報量も多いため
重要なポイントを見落としたり飛ばしたりすることもあるかと思います。

その膨大な情報を僕がスタートダッシュマニュアルとして
マニュアルに記載されていないことも解説を交えながら
併用して読み進められるようなマニュアルを作成しました。

wiki%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%90%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e7%89%b9%e5%85%b8%e3%81%ae%e5%bd%b9

 

つまり重要な部分はココ、順番はこう、流れはこう、
マニュアルをより一層、強化・補足しながら進めていけるかと思います。
情報商材は星の数ほど見てきた中で、
おおよそこういう部分でつまづくというのは普通にわかります。

 

だからこそ、その部分を強化・補足していったという感じです。

 

その流れに沿って進めていけば必然的に形になるわけですね。

僕が進めるならこうするという重要ポイントと
その進め方、流れのスタートダッシュコンテンツです。

 

よく、情報商材を購入してみたはいいけど
重要な部分をすっ飛ばしてみたり
中には勘違いなどをする場合も多々あるんですね。

 

やるべき重要なポイントを明確にして確実に形にしていきましょう。

マニュアルでは教えてくれない稼ぎ方

第一段階のサイト構築に関する全体的な流れの把握

全体像を把握できるように
各ポイントを実際のサイトなどを例題に上げながら解説しています。

初期アクセスを集める〇〇情報に関する判断の注意点

初期段階で一歩間違えると『ここから先どうすればいいの?』
みたいになる部分をすんなり進めていくための方法です。

〇〇に関しては確実にWIN-WINである必要があるのですが
その判断の目安や基準を知っているかどうかで確実に進め方に影響するかと思います。

✔ノウハウ最初に構築するサイトに欠かせない必須メンテナンスとは?

この最初に構築するサイトは絶対的にメンテナンスが必要になってきます。

いらないものは切る、必要なものは残す。

このような判断をしてメンテナンスをしていくのですが・・・

✔あるシステムを利用して上記の判断を進めていく方法

このシステムを搭載できることは実践していけば分かることですが
実際にどのように活用していけばいいのか?を具体的に知っている方がどれほどいるでしょうか?

その具体的方法とは?

マニュアルでは○~○と書いている部分を鵜呑みにしてはいけない事実

確かにマニュアルに書かれている内容は
テスト的にやるならば○~○で上等ですがこのままにしておくべきではありません。

その理由も具体的に解説していきます。

最大限に取りこぼしを防止する広告設置方法とは?

〇〇ユーザーと○○ユーザーの違いを意識した設定方法です。

一歩間違えればスパム行為ですが嫌がられずに最大限の利益を獲得していく方法になります。

ASPのアカウントを申請する30分前に申請ブログを構築してしまう方法

ASPのアカウントを取得するにはブログで記事を書き
こんなブログで活動をしていますよということをASP側にお知らせするのが
一般的なASPのアカウント開設方法となります。

これって結構面倒くさいものです。

ここで申請ブログが30分もあれば構築できる方法をお伝えします。

どこかのASPに申請しようと思えばいつでもこの申請用ブログが
今後は永遠に活躍することでしょう。

常識外れのその方法を暴露します。

これを読んで
川上って見境ない奴だなとは言わないでくださいね(笑)

アクセスを最大限集めるためのポチポチ戦略とは?

そもそもアフィリエイトとは稼げる可能性を高めていくことが重要です。

で、やれる事は全部やるぐらいの勢いが必要なのですが
自作自演?!と言われてでもやるべきであると思っています。

とある簡単なシステムを取り込み
露出を最大限に高めていくためのクリック作業とは?

 

✔ある無料ツールを眺めては
上から機械的にクリックしていき難なくアプローチ数を増幅させていく方法

第一段階の構築に伴い集客装置として起動していきますが
何も考えずに集客すればいいとも言えません。

この集客装置はバ・ラ・ン・スが重要なんですね。

 

それを知らずにイノシシのように突進していると
ある日突然ログインできない、、、何て状況にも。。。

最大限リスクを抑えながら日々マックスで集客するための装置
最低限、抑えておくべきポイントを解説します。

お宝ネタ発掘法!意外なサイトの活用で困らないネタ選定方法

ネタを探すのはあらゆる面で応用力も時には必要になってきます。

最初はガチガチにマニュアルに書かれている方法でもいいですが
ちょっと視点をズラすことでネタなんて色々と出てくるものです。

その応用力をつけるためにあるサイトで見つけた事例の紹介。

無期限の購入者限定サポート

ツールの設置、或いはノウハウの進め方でのつまづきなど
連絡して頂ければいつでもメールサポートいたします。

 

販売者のサポート期間が30日に設定されていますが
僕の方は特に期限等は一切設けるつもりはありません。

 

紹介するだけ紹介して
『連絡しても返信してくれない』といった
紹介するだけのアフィリエイターとは違いますので^^

 

とりあえず現時点で思いつく限りの特典ですが
今後もいつも通り増えていくかと思いますY

 

今までにブログやサイト構築で
挫折してきたという状況でも
このノウハウなら確実にスキルも向上するし
何より報酬に結びつくかと思います。

 

それぐらいやってみてもらいたいノウハウです。

 

それではご購入方法の確認です。

 

下記の申し込みボタンをクリックするとレターに移動します。

レター内にある申し込みボタンから進むと
このように特典付きというのが確認できます。

wiki%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf%e3%81%a7%e7%a8%bc%e3%81%90%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%a8%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e8%b3%bc%e5%85%a5%e6%96%b9%e6%b3%95

必ず特典が付属していることをご確認ください。

この状態で他サイトなどを閲覧した場合には
有効にキャッシュされず特典を受け取れないなどのケースも
過去ありましたので十分ご注意ください。

 

それではこちらが特典付きリンクになります。

[ip5_button url=”http://admall.jp/af.php?shn=10000384&aff=10005630″ color=”button–green” size=”button–large” width=”” target=”blank” ]特典付で申し込む[/ip5_button]

 

決済後にはこちらの申請フォームより
ダウンロードPDFの内容でご連絡ください。

特典申請フォーム

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございます。

 

川上が
野口企画のWIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート
を特典付きレビュー、評価しました。

 

ご購入の際はこちらからお進みください。

[ip5_button url=”http://admall.jp/af.php?shn=10000384&aff=10005630″ color=”button–green” size=”button–large” width=”” target=”blank” ]特典付で申し込む[/ip5_button]

 

Pocket