しげです。

 

今日はネットビジネスで稼いだ後の
「税金」という誰にでも関係のある
極めて現実的な話をしようと思います。

 

ネットビジネスに関わらず
副業で年間で20万円以上の収益が発生すると
確定申告が義務付けられてそれに対する税金を収めなければいけません。

 

それこそ
僕は税務署から電話がかかり前年度分の消費税の申告について
ちょっと聞きたいことがあると連絡が入りました。

 

なんか記載に不備があるとのことで
大した内容ではなかったのですが税務署からの連絡を受けると
正直あまり気分がいいものではありません。

税務署

 

電話取る前に通知された電話番号を見るだけで
なんか嫌な気分になるものです。

 

消費税と言いましたが
入金ベースで年間1000万円を超えると所得税とか市県民税などとは別に
消費税を納税する義務も発生するのです。

 

年間に9,999,999円の入金なら消費税は払う必要はなくて
10,000,000円になったら払う必要が出てきます。

 

この1円の差って一体何?ってマジで思うんですが
日本で生活している以上、決まりは決まりなので
嫌でも何でも払うものは払わないといけません。

 

もちろんですが
僕は1000万円以上の消費税納税対象であり
実は僕のところは嫁名義の口座にも入金されるようになっているので
この消費税に関しても2枚分届いてしまいます(笑)

 

なのでどう転んでも最低ラインで
銀行口座に年間2000万円以上の入金はあるということになります。

 

金額がいくらというのはちょっとグロイので言いませんが
実質年間1000万円以上の税金の支払い義務がある僕と嫁の2枚分です。

 

今回の連絡は所得税ではなく消費税についての電話なので
まだ今年払う消費税の金額は確定されてなくて、この画像は前の年のものになります。

 

不備があった個所を税務署のほうで記載してくれたということですので
もうすぐ今年の消費税に対する納税額が決定されますが
1000万を超える消費税はともかくとしても
今からネットビジネスを始める初心者さんでも
年間20万円の収益を上げれば納税義務があるということです。

 

ハッキリ言ってちょっと真剣に頑張れば
ネットビジネス程度の稼ぎ方なら
数か月後には初心者でも20万ぐらいは楽勝で稼げますからね。

 

もっと言うなら
ネットビジネスで2000万円という数字もちゃんとやれば
全く達成できない数字ではないということです。

ネットビジネスで稼いだ後の脱税と節税は全く違う

連絡してくれる人の中にも順調に稼いでる人も多いですが
副業だとか専業だとかは全く関係なくて
稼いだ金額をそのまま全部使えるわけじゃないということだけは
絶対に頭に入れておかなければいけないことです。

 

パソコンを買い替えただとか
モニターを一個増設しただとかプロバイダー契約費用、
情報商材も経費として落とせますし
セミナー代金、それに使った新幹線や飛行機などの移動費用

宿泊費用なども経費として落とせます。

 

また、懇親会などがあった場合の飲食代金は接待交際費・・・

必ず領収(レシートでも可)を切ってもらい経費として計上するんですね。

 

家賃も全部は無理ですが仕事場として使っているなら
何分の一とかの計上は可能です。
*何分の一は部屋数などの環境によって違います

 

こういった税金は会社からいただく給料とは違い
勝手に計算されて天引きされるようなシステムではなく
自己申告という形になるので余計な支払いだと感じてしまうかもしれません。

 

自分でストック(貯金)していたお金から税金の支払いになるので
今あるお金は払いたくないという気持ちは誰にでもあると思いますが
間違いなく言えることは日本に住んでいれば脱税は犯罪です。

 

ですので申告せずにやり過ごしたり
虚偽の申告をしたりするのはダメだなと思っていて

やるのであれば
脱税ではなく節税できるものに対しては
積極的に経費計上して節税をやっていく
というのが僕の考え方になります。

ちゃんとやれば誰でも課税対象になる

ネットビジネスで年間20万円の収益というのは
初心者で始めたとしてもしっかり取り組めば
数か月程度で達成できる事ですので
この記事を読んでいる人なら全員が対象になる範囲です。

 

逆に年間20万円も稼げていないということなら
一度やっている事を見直したほうが無難ですし
同じことを同じようにやって収益が出ていないのなら
そこには必ず原因があるので、まずはその原因を突き止める事が重要ですね。

 

あと、税務署というのは基本的に容赦ないです。

 

以前、ネットビジネスで稼げるようになった頃
税務署に呼び出されて何度かいった事があるのですが
納税は決して見逃してくれることがありません。

 

ハッキリ言って極〇より怖いなと感じましたね(笑)

 

前に
「この税金払う金なかったらどうすればいいんですか?」

このような事を担当の税務署職員に聞いてみたことがあるんですが
返ってきた答えは

「どこかから借りてでも払ってください」です。

 

つまり、税金に関しては
借金してでも絶対に払えってことです。

で、僕は
「僕にお金貸すとこなんかないですよ」と言いました。

 

強烈な言葉だったのでマジで印象に残っています。

 

僕もその時はふざけて言ってみたのですが
税務署職員は更に続けてこういったんですね。
「あ、そうですか、
じゃあ、あなた〇〇という保険に〇年入ってますよね、
ここは〇年間継続して入っているとお金借りれるシステムがあるので
そこで借りるっていうのはどうですか?」

って(笑) マジでかって思いました。

 

正直、
税務署は日本最強の取り立て屋です。

 

こっちが仮にのらりくらりしていると財産差し押さえとか
家宅捜索とかそういった話にもなるんですよね。

 

車の差し押さえとかそういった事も
やろうと思えばできますし、嫌って言っても
権限がある以上それに逆らったところで全く通用しません。

 

今からネットビジネスを始めるという初心者さんも
数か月後には軽く20万円程度は稼ぐことになると思うので
稼いだお金を全部使うということだけは絶対にやめておきましょうね^^

 

稼いだ後の税金に関してビビらせるつもりではないのですが
ネットビジネスやってて稼げないということ自体が僕の感覚では
あり得ないという感覚なので今回税金問題をシェアしてみました。

 

あなたはどのジャンルでガンガンに稼いでみますか?

ネットビジネスの実践ジャンルは好きな方が稼ぎやすいし続けやすい

 
読んで得する無料メールマガジン

問い合わせや質問、相談について

・今何をやればいいのか?
・方向性がわからない
・情報商材タレこみ
・この商材ってどう?

などなど
何でもお気軽にご連絡ください。

川上への連絡、相談窓口はこちら

またはsigekawakami✩gmail.com ✩を@に変えてご連絡ください

どんな事でもまずはお気軽にご連絡ください

Pocket